-----------------------------------
アンドレ ~売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座~    2012.11.21
-----------------------------------

 

 

こんにちは!長谷川です。

ここにきて「景気後退」という話が出てきています。

「消費者心理が一層冷え込んできた」と売れない経営者を中心に
お話になっているようですが果たしてそうでしょうか?

確かにそんなことも一部にはあるような気がしますが、

『消費者心理が冷え込んできているから売れない』

という構図はもう成り立たないのではないかと思っています。

この理屈は政府が景気対策をすれば好景気に向かうという理屈と
基本的に同じでしょう。

もうそんな時代ではないのではないでしょうか?

 

 

この思考の枠組みの中で考えている限りは抜け出せない気がします。

逆に言えば「消費者心理が温まれば売れるとは言えない」ということ。

つまりは消費者心理が売れ行きを左右しているとは限らない。

そう考えれば別の部分で理由を探すようになり、
そこで突破のヒントを見つけられるようになる。

そう考えています。

 

 

もちろん全ての企業や商品がそうだという訳ではありませんよ。

ただ売れている商品、繁盛している企業を見ていると、
消費者心理の冷え込みは関係ないように見えるものですから。

 

 

では今日も「税理士さんの選び方」についてお話をします。

税理士さん選びの3つ目のポイントです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■情熱を感じろ!
───────────────────────────────────

できることを明示する税理士さんはいらっしゃいます。

したいことを明示する税理士さんもいらっしゃいます。

意外に少ないのが「自分の情熱を表現できる税理士さん」です。

 

 

経営者の方ならばこの「情熱」がいかに大切なものなのか?

これを知らないということはないでしょう。

情熱は全てのエネルギーの源であり、
目標達成のための原動力ですよね?

 

 

これは税理士さんとて同じです。

やはり税理士さんにも情熱は必要なんですね。

にも関わらず「情熱」を語り、表現なさる税理士さんは意外なほど少ない。

これは経営者にとっては非常に悲しいことのひとつではないでしょうか?

 

 

情熱は時に人の心を捉え、熱くさせ、共感へと導きます。

エネルギッシュな言葉はそれだけ人に影響を与えるのです。

経営者が従業員に熱く語りかけるのもこの影響があるからですね。

 

 

そこで今回は税理士さん選びのポイントを3つお話していますが、
この「情熱」を3つめのポイントに選びました。

 

 

僕自身の経験を振り返っても税理士さんの「情熱」は非常に大事な
ポイントだと思っています。

ある税理士さんとのお付き合いがそれを強く印象付けているからです。

その先生は常に情熱を持って話して下さいました。

だからいつも言葉に力があった。

だから共感できることが多く、共感する人も多かった。

ほかの先生からは感じなかった特長的なものでした。

 

 

税理士さんの情熱は経営者に直接影響を与えます。

これを言葉にすることはできないし、金銭的な価値に置き換えることも
難しいこと。

しかし確実に経営者に影響を与え、経営者が受けた影響は経営に反映される。

そう考えることができれば税理士さんの情熱を軽視することはできません。

 

 

税理士さんの情熱は言葉だけではありません。

活動内容にもその一端を見ることができます。

ですからホームページやブログで自身の活動を紹介している場合は、
それに注目すべきです。

どこで、どんな活動をしているか?

どんな思いを、どのような形で伝えているか?

企業経営と全く同じですね。

 

 

今日ご紹介する高橋智則さんのホームページを初めて拝見した時に、
僕は先生の「情熱」を感じました。

一言メッセージを拝見した時には「力強さ」を感じたのですが、
ホームページを拝見して納得!

素晴らしい先生のお一人だと思いました。

ぜひ先生の一言メッセージとホームページをご覧になって
情熱を感じ取ってみて下さい。

 

 

(ここから)

 

 

小さな会社を元気にする会計事務所・アルトブリッジ税務事務所の
高橋 智則です。

姫路を拠点に兵庫・大阪・岡山のお客様の税務・経営支援を行っております。

会社の業績を伸ばしていきたい、資金繰りを良くしていきたい、というお悩み
に対し、”会計”を最大限に活用した「会社の健康診断」を行うことで、目指す
ゴールを見定め、今とのギャップを明確にし、それを埋めるための行動を明確
にするお手伝いを致します。

会社の決算書や試算表をうまく活用できていないとお考えの会社様は
是非、当事務所の初回無料相談をご利用下さい。

■ホームページ http://www.altbridge.co.jp

 

 

(ここまで)

 

 

いかがでしたか?ホームページもご覧になりました?

情熱的な税理士さんですよね?

もしあまり何も感じなかったという場合は、
ほかの税理士さんのホームページをご覧になってください。

違いは一目瞭然ですから。

 

 

税理士さんを選ぶことも「お付き合いする人を選ぶこと」と同じです。

自社にとってふさわしい人を選ぶことは未来の自社の姿に影響します。

個人が自らの周りの環境を選ぶことと全く同じです。

だからこそ税理士さん選びの3つ目のポイントに「情熱」を選びました。

 

 

1つ目の「自社と同じステージにいる税理士さんを選べ!」

2つ目の「総合力を評価せよ!」

そして今日の「情熱を感じろ!」

どれも恐らく世間で言うところの「税理士選びの基準」とは異なることと
思いますが、僕としては最重要の3項目だと考えています。

ぜひ自社の未来に欠かすことのできない存在となる税理士さんを選び、
自社の発展に繋げて頂ければと願っています。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
───────────────────────────────────

僕の地元「滋賀一区」からも日本維新の会の立候補予定者がいるそうです。

記事等によると会社社長なのだそうですがちょっとビミョーです。

どんな人なんだろう?(笑)

 

 

というような人が全国各地で立候補するんでしょうね。

日本維新の会を支持するけれど候補者を知らない。

だから悩む。

こんな人がたくさんいそうな気がします。

 

 

一般の企業であればどうなんでしょうね?

こんなことは起きないでしょうね。

支持できる企業なら製品やサービスも売れる。

なぜなら安心感がそこにあるから。

だけど今回の選挙はそうではない。

あくまで私感ですが。

 

 

2012年は世界の多くの指導者が交代する一年でしたが、
最後の最後は日本の出番でしょうか?

十分予想できたことであるけれど、
時期だけは予想外でした。(笑)

ではまた次回お会いしましょう!

 

 

-----------------------------------

■プチ・メールマガジン書き方講座 無料でプレゼント中!
http://www.andre-bc.com/pmkk/tohroku.html

■従業員数10名以下の企業のためのコンサルティング
http://www.andre-bc.com/consulting/10consul.html

■上司や部下ともっといい関係を創りたい人に贈る特別個別講座
http://www.andre-bc.com/consulting/kankei.html

■メールマガジン書き方講座
http://www.andre-bc.com/consulting/melmagakohza.html

■スポットコンサルティング
http://www.andre-bc.com/consulting/spot.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行元 アンドレ・ビジネス・コンサルティング 長谷川昌一

 メール info@andre-bc.com
 公式サイト http://www.andre-bc.com
 ブログ http://ameblo.jp/kizukizyuku/

■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2012 Andre Business Consulting All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析