-----------------------------------
アンドレ ~売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座~    2012.09.10
-----------------------------------

 

 

こんにちは!長谷川です。

今日は本題に入る前にお知らせを2つお届けします。

 

 

まず1つ目です。

昨日『税理士さん限定!新規顧客獲得マーケティング講座』というブログを
開設しました。

税理士さんをはじめ士業の方向けにマーケティングのお話をするブログです。

まだブログを作り始めたばかりなので一部が工事中です。

すいません!(汗)

http://ameblo.jp/shigyo-otasuketai/

 

 

 

2つ目です。

先日お知らせした【プチ・メールマガジン書き方講座】の受講申込を頂き
ありがとうございます。

農業でも製造業でも、卸売業でも小売業でも、もちろんサービスでも。

つまりはあらゆる業種でメールマガジンの活用法がありますので、
自社への活用に可能性をお感じになるのであればぜひ受講して下さい。

このプチ講座は無料ですが内容は非常に濃い内容です。

たった3日間で希望の光が見えることもあるでしょう!

http://ameblo.jp/shigyo-otasuketai/

 

 

 

では今日の本題に入ります。

このメルマガのタイトルには『売れるしくみ』という言葉が入っています。

『売れるしくみ』です。

決して『売るしくみ』ではないところがミソです。

 

 

『売れる』という状態はこんな状態をイメージしています。

 

*「買って下さい」とは言わない営業

*「売って下さい」「これ下さい」と言われる販売

*「あなただから買うんです」と言われる営業や販売

*値下げに頼らない営業や販売

*アイテム数に頼らない営業や販売

*年中セールスやキャンペーンをしない営業や販売

*一定期間内に一定数の資料請求がある営業

*人と人との繋がりの中で自然に広がるお客様の輪

*商品を売らない商い

*極端に増減しない売上実績を上げ続ける経営

*感謝される営業や販売

 

ほかにもありますが今日はこれで十分でしょう。

何となくでもイメージできますか?

こういうことを実現するのが『売れるしくみ』です。

 

 

最初は『売るしくみ』とあまり区別がつかないこともあります。

『売れるしくみ』と言えどもやはりしくみが動き出すまでには時間が必要。

それまでの日数、それまでの時間は『売るしくみ』と同居状態ですから。

だけどその苦しい状況の中であっても自社の軸がぶれず、追求し続けることが
できたなら、その先には『売れるしくみ』が待っています。

 

 

『売れるしくみ』が出来たとしたら御社の状態はどうでしょう?

経営者はもちろん、社員の皆さんの心の中はどうなるでしょう?

そこをイメージ出来れば我慢できます。

 

 

売れるしくみは「楽するため」ではありません。

売れるしくみを動かし続けることは「楽」ではないかもしれません。

ですが売れるしくみが動き始めれば「楽しくなる」。

同じ「楽」という文字でも一方は「らく」、一方は「たのしい」。

大きな違いですね。

 

 

「売るしくみ」を考える人は得てして「楽して売る」を一番に考えます。

例えば「ネット販売すれば寝ていても売れる」とかね。(笑)

これは個人の考え方や好みにも関わりますから良し悪しではありません。

それがいい、そうしたいと思う人はそうすればいい。

だからご自身でお選びになればいいことです。

 

 

 

僕は楽して売れても楽しくないと続けられない性質の人間です。

やっぱり楽しいのが一番ですし、それがお客様にも伝わると考えています。

何をするにしても、どんな商いにしても皆さんと共有したいですから。

苦楽を共にするのが好きなんですね、きっと。

ですから僕は「楽」より「楽しい」を選びます。

 

 

 

正直言えばこうしてメルマガを書くことは「楽」ではありません。

いつもいつも楽に書けるわけでもありません。

でも一生懸命書いたメルマガを読んで下さる方がいる。

そこでヒントを得てくれている人がいる。

一緒に仕事をしましょうと誘ってくれる人がいる。

何より僕を必要としてくれている人がいる。

そう考えてメルマガを書き続け、今日も書いています。

 

 

 

こういうことは農作物を作っていらっしゃる方と同じかもしれません。

暑い畑で一生懸命耕している。

面倒で辛い作業もたくさんある。

だけど収穫できた時の喜びは最高。

まして食べて下さった方に「おいしかった」という言葉を聞こうものなら
全ての努力が報われて、満足感が心に広がる。

そして「この間食べたナスがおいしかったから」と言ってまた買って頂ける。

楽なことばかりじゃないけど楽しいことが待っているじゃありませんか?

 

 

 

というのが「商い」ではないかと僕は考えています。

だから「売るしくみ」ではなく「売れるしくみ」。

楽するのではなく楽しみを味わうために。

それも自分だけではなく相手の方も一緒に、です。

 

 

 

以前勤めていた会社の社長にこんなことを言われたことがあります。

「マラソンランナーは一番最初にゴールのテープを切ることを願っている。

 ならば少し離れたところから始めて一番にテープを切らせたらどうか?

 彼らがそれで満足するか?

 一番だぞ?

 満足するわけがない。

 彼らは42.195キロの道のりを走り切った先にある
 ゴールを目指しているからだ。」

 

100メートル走であろうとマラソンであろうと

「誰よりも速く走り抜ける」

という目的は同じです。

これは商いであれば「たくさん売る」ということでしょうか?

 

でも彼らは実は「速く走り抜ける」ことが目的ではなくて、
満足したいという欲求を満たすことが目的。

たくさん売ることが目的ではなくて満足したいことが目的。

わかります?

相変わらず文字でこういうことを伝えるのは難しいです。(笑)

この違いです。

 

 

 

全てをここにフォーカスしていけば、
自ずと商いは変化してきます。

何もかも変化してきます。

一度に、瞬時に変化することはありませんが、
ジワジワと変化し、やがてそれが大きな力になります。

愛される会社に変わるからです。

 

 

愛される会社に変われば、たくさんの人に囲まれます。

いつも賑わうようになります。

その結果たくさん売れます。

ほしい人がたくさん生まれるからです。

僕はそんな会社が大好きです。

 

 

あなたが「売れるしくみ」の方をお好みでしたら、
一緒にそんな会社を創っていきましょう。

僕は全力で応援します!

 

 

では今日はここまで!

また次回お会いしましょう!

 

                              (長谷川)

 

◆追伸

毎回お願いしていますが、お気づきのこと、気になったこと、
賛同できること、反論したいこと、質問、相談など何でも結構です。

ぜひメッセージを送って下さい。

こちらのアドレスでお待ちしています!⇒ info@andre-bc.com

 

 

 

-----------------------------------

■プチ・メールマガジン書き方講座 無料でプレゼント中!
http://www.andre-bc.com/pmkk/tohroku.html

■従業員数10名以下の企業のためのコンサルティング
http://www.andre-bc.com/consulting/10consul.html

■上司や部下ともっといい関係を創りたい人に贈る特別個別講座
http://www.andre-bc.com/consulting/kankei.html

■メールマガジン書き方講座
http://www.andre-bc.com/consulting/melmagakohza.html

■スポットコンサルティング
http://www.andre-bc.com/consulting/spot.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行元 アンドレ・ビジネス・コンサルティング 長谷川昌一

 メール info@andre-bc.com
 公式サイト http://www.andre-bc.com
 ブログ http://ameblo.jp/kizukizyuku/

■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2012 Andre Business Consulting All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析