●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<2005.12.27 第116号>━━

  小さな会社が儲かるしくみづくり
   http://www.andre-bc.com
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  こんにちは!気づき塾の君島です。

  結局、中国からブログをアップできませんでした!
  楽しみにしてくれてた方、本当に申し訳ありません!

  何を言っても、書いても言い訳です。すいません。

  ところで、クリスマスが終り、
  一気に年末モードに入ってきた感じですね。

  皆さんの会社ではいかがでしょう?

  年内の納品や契約を目指してドタバタでしょうか?

  僕の方は、中国出張後の宿題を片付けることと、
  来年のコンテンツ作りでドタバタです。

  ちょっと油断して気を抜くと、
  あっという間に仕事が溜まります。

  まるで仕事がどこからか湧き出してくるようです。

  それでは、今日も始めましょう。

  「やればできる!企業改革物語」をどうぞ!

                               (君島)
 ──<今日のメニュー>───────────────────────

  ○ やればできる!企業改革物語
  ○ 編集後記

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』
             
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第五章『構造改革』

  第十六話 ~ テーマと問題 ~

 

  社長室をノックする君島。

  例の改革テーマについて意見交換をするために
  社長室を訪れた。

  予定より5分早かったが、快く社長は君島を迎えた。

  そして、いつものように社長自らがコーヒーを持ってきた。

  「おはようございます。今日は例の改革の話でしたね。
   どうですか?ウチの社員たちは精力的にやってますか?」

  「ええ。皆さんかなり精力的に取り組んでいらっしゃいますよ。

   やっぱり“与えられたテーマ”ではないことがいいんでしょう。
   全員が自分のテーマとして考えて、自分なりに努力している
   という感じですね。」

  「それはうれしいことだな。なら、特に問題なくという感じですか?」

  「いえ、やっぱり何をしても問題は起こりますよ。
   それが当然だと思いますね。

   これまで未経験のことに取り組んでいくわけですから、
   隠れてた問題が表面化してきますよ。」

  「ほ~っ、そうですか。君島さんの目から見た問題は多いですか?」

  「いえ、社長。問題という言葉はあてはまりませんよ。
   僕も問題という言葉を使わないようにしますから、
   社長も問題という言葉をなるべく使わないようにしてください。」

  「それはまたどうしてですか?」

  「問題ってのは困ったことのように感じるじゃないですか。
   とても深刻で、解決しにくいようなテーマに感じます。

   でも御社で今“問題”と言われていることは問題ではありません。

   ちょっと過ぎた表現かもしれませんが、子供が成長する過程で
   ぶつかる課題のようなものですね。」

  「なるほど。それで?」

  「ですから、そういうテーマをたくさん抱えている人ほど
   乗り切ったら大きく成長していくはずです。   

   生みの苦しみのようなものだと思います。

   だから“問題”というようなネガティブなイメージの
   言葉は似合わないと思っています。」

  「なるほど、よくわかりました。確かにそうかもしれませんね。
   ネガティブな言葉を使うと、どうしても捉え方までネガティブに
   なるような感じです。なるべく使わないようにしましょう。

   ほかに何か気になることはありませんか?」

  「やっぱり部署単位で仕事をしてしまう傾向がありますね。
   無理もないことですが、まだ部署間を横断するようなテーマには
   行き着いていない感じです。

   まぁ、この辺りは今取り組んでいるテーマが落ち着いてくる頃には
   変わってくると思います。」

  「なるほどね。ウチはかなり部署単位で仕事をしてきましたからね。

   ほかにはありますか?」

  「そうですね・・・。このテーマはまだ早いかもしれませんが、
   来年の社長のテーマだと思いますからお話しておきましょう。

   来年は年功序列の制度を変えていく年になると思います。

   “過去の功績”をベースにすることも大切なことですが、
   “未来への期待”も考慮すべきだと思います。

   それに、いろんな意味のバランスを変えていく必要があると
   思います。やっぱり思いっきり暴れることができる環境は、
   安定した土台の上にしか成り立ちませんよね?

   そういう意味では、部署内外のバランス、社員構成、予算など
   いろんな意味で課題があると思いますね。

   こういうことも、今回の全社あげての取り組みの中で
   次第に見えてくると思いますから、社長の目でしっかりと
   見届けていただければと思っています。」

  「やっぱりそうですか。いや君島さん、私も来年は大きく変わる
   時期になるだろうと思ってるんですよ。

   社員の人たちが飛躍し、この会社で仕事をすることにやりがいと
   生きがいを感じてもらうためには、どうしても避けて通れない
   テーマだと思ってるんです。

   “会社の利益”が“社長の利益”では駄目だと思ってるんです。

   “会社の利益”は“社員の利益”でなくては駄目だと。

   わかりました!休みの間にじっくり考えてみたいと思います。

   君島さん、来年も頼みますよ!」

  「もちろんです!こちらこそお願いします!」

                          (次号に続く)

 ─────────────────────────────────

  日本に帰ってきたら、また元の文字だらけのメルマガに
  戻ってしまいました!(笑)

  僕のメルマガは本当に文字が多いなぁと
  こうして読み返していくと感じます。

  まっ、それはともかく今日の話はいかがでしたでしょうか?

  このメルマガは社長さんや管理職、それに一般の社員の方まで
  幅広くご覧頂いているようですが、今日は少しそれを意識して
  書いてみました。

  まず“問題”という言葉と“テーマ”という言葉。

  来年こそ、ネガティブな言葉から“さよなら”しましょう!

  本当に不思議だなぁと思うのですが、意識してネガティブな
  言葉を使わず、ポジティブな言葉を使い始めると、身の回りに
  ポジティブなことがたくさん起こるようになります。

  本当に不思議です。

  「なぜ?」という理由を追求する前に、
  ポジティブな言葉を使ってみませんか?

  来年は今年以上にいいことがたくさんある年にしたいでしょう?

  僕はもちろんそうします!

  次に、立場によって見ている視点が違うということ。

  目の前にある課題に必死になればなるほど、
  周囲のことが見えにくくなりますよね?

  特に現場で泥臭い仕事をしている人ほど、
  この傾向が強くなります。

  結果、上司批判につながることが多くなるんですね。

  確かにそういうこともあるかもしれませんし、
  そういう上司がいることも確かなことだと思いますが、
  来年はもう少し自分の中に余裕を作って
  “相手の人”のことを、もう少し見てみませんか?

  現場の方は今日のこと、管理職は1~3ヶ月先のこと、
  役員は1年先のこと、社長は3年先のことを考えている
  ことだってたくさんあるはずですね。

  こういうことを来年は少し考えて見ましょう。

  そうすると、きっと周囲の人が違って見えてくるし、
  意外な発見もたくさんあると思います。

  僕はとても大切なことだと思います。

  最後に年末年始のお休みの間に、ぜひじっくり考える
  時間を持っていただきたいと思います。

  毎日が慌しく過ぎていく今日この頃ですが、
  少し落ち着いて、長い時間(スパン)で物事を見たときに、
  見えてくるものがあります。

  まず、今年一年を振り返ってみましょう。

  そして一年という長い時間で物事を捉えてみましょう。

  そうすると大きな流れが見えてくると思います。

  そして来年一年を考えてみましょう。  

  一年という長い時間で見るのです。考えるのです。

  そうすると、大きな流れや方向性、うねりのようなものを
  感じることができると思います。

  前々回ぐらいに山に登る話を書きました。

  あれと同じです。

  少し離れて山を見てください。

  必ず何か発見があるはずです。

 

  ということで今年の『やればできる!企業改革物語』はおしまい!

  こんな調子でいつまで続けられることやら、と思いながら
  今年一年、いろんなテーマで書くことができました。

  皆さん、本当にお世話になりました!

  来年もどうぞよろしくお願いします!

  意見・反論などジャンジャン受付中です!
    ⇒ info@andre-bc.com

  では続きは、1月9日(火)ということで!

 

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  いくつか予定が決まっているのに
  まだ来年の手帳を買っていません!

  これでは駄目だと思いながら、
  忙しさを理由に買いに行ってないんです。

  でも来年の手帳はこれまでとは違う手帳にしようかと
  思っています。

  今年と来年では、生活も仕事も大きくスタイルが
  変わってくるからです。

  それに単なる手帳、スケジュールを書き込むだけの
  手帳ではなくなるからです。

  いろんなことを考えながら手帳を選ぶのは
  一つの楽しみですから、今日にでも時間を作って
  のんびり見に行きたいなぁと思っています。

  次回を今年最終のメルマガにしようかと思っています。

  また金曜日にお会いしましょう!

                        (by君島)

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 ■発行元 『気づき塾』
  URL http://www.andre-bc.com/
  Blog http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/
  Mail info@andre-bc.com

 ■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
  一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

 ■このメルマガの購読・解除はこちらからどうぞ。
  まぐまぐ! http://www.mag2.com/m/0000130207.html
  melma! http://melma.com/backnumber_114402/
  めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=006848

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析