●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<2005.11.25 第107号>━━

  小さな会社が儲かるしくみづくり
   http://www.andre-bc.com
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは!気づき塾の君島です。

 さっきニュースを聞いていたら、
 今年の冬はやはり暖冬傾向だそうです。

 これだけ灯油の値段も高くなってますから、
 それはそれでありがたいことですが、
 やっぱり冬は寒くなくちゃね。

 楽しみも減るし、冬物商品は売れなくなるし、
 いろんなところに影響が出ますよね。

 冬物商品を扱う方は、天気予報から目が離せませんね。

 ──<今日のメニュー>─────────────────────

  ○ 今週の気づき
  ○ 編集後記

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『今週の気づき』 ~ いい税理士、悪い税理士 ~
                           2005年11月24日
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今日は税理士の方が読んでいらっしゃれば、
  相当気分を悪くされるかもしれないので
  あらかじめお断りしておきます。

  読みたくない人は読まないで下さい。

 

  さて、このメルマガを読んでくださっている皆さんの会社の
  ほとんどに、何らかの形で税理士が関わっているかと思います。

  1ヶ月に一回ぐらい会社を訪問して、帳簿を見たり、
  経営上のアドバイスをしたりする仕事を任せていると思います。

  いかがでしょう?アンケートをすれば、ほとんどの会社から
  同じような答えが返ってくると思います。

  しかし!しかしです!

  本当にそれでいいんでしょうか?

  僕は以前に税理士事務所に勤務をしていて、
  このことにとても大きな疑問を抱いて結局退職しました。

  「税理士って何のために会社に必要なのか?」

  こういうことは、こうして改めて問われない限り
  考えることさえしないテーマだと思いますので、
  今日はちょっと考えてください。

  まず簡単に整理します。

  税理士という仕事(資格)は、税務、つまり税法の専門家である
  ということを、公的に認められた仕事(人)ですね。

  毎年、確か8月ぐらいに税理士試験があって、
  それをパスするか、もしくは何かの条件に該当することで
  資格を取得することができます。

  そして一定期間の実務経験を経て、晴れて税理士として
  登録されることによって、バッジを付けて仕事ができるように
  なります。

  はい、ここまで!

  税理士という仕事は、この資格でできます。

  だから、これだけであれば経営のプロでもないし、
  コンサルタントができるわけでもありません。

  税法の専門家であって、経営の専門家ではないのです。
  ここのところをよく押さえてくださいね。

  では次に、経営(者)側が税理士に何を求めているか?、

  おそらく(小さな会社の)経営者は、

    「いかにして儲かる会社にできるのか」

  というアドバイスを税理士に求めていると
  僕は感じています。

  
  僕の経験上でもそうです(僕は資格を持ってないですよ)。

  つまり何が言いたいのかということですが、
  経営者(会社)側と、税理士側でミスマッチを
  起こしているということなんですね。

  おわかりいただけますよね?

  確かに税法は詳しいかもしれないけど、
  決して経営には詳しくない税理士に、
  経営のアドバイスを求めたって無理なわけです。

  にも関わらず、経営者は税理士にアドバイスを求める。

  で悪いことに、税理士の人も自分にそんな能力がないことを
  悟られたくないもんだから

  『今月は原価率がいつもより高いですね。
   来月は下げる努力をしてください。
   そしたら、また儲かるようになりますから。』

  なんてアドバイス?をします。

  僕が今、こんな話を聞いたとしたら、
  頭の中は

    「??????・・・・・」

  と言う感じです。もちろん経営者に話して、
  すぐに顧問契約を打ち切ります。

  なぜなら、多少専門用語を使っていますが、
  要はこういうことを言ってるに過ぎないから。

       「売上-原価=利益」

  利益を大きくしたいなら、原価を小さくしたらいいですよ!

  来月はそうなるように努力しなさいね!

  たったこれだけです。

  ずっと前にも説明しましたが、基本的に企業は

   ・売上を最大化し

   ・原価を最小化したら

   ・利益が最大化される

  これだけの理屈で動いているわけです。

  だから経営者が本当に知りたいのは、

   ・どうすれば売上を最大化することができるか

   ・どうすれば原価を最小化することができるか

  基本的にはこの2点なんですね。

  これを会社の隅々まで見ることができる税理士が
  アドバイスし、それをいくらかでも実行できれば、
  その会社はどれほど強くなれるでしょう!

  ちょっと考えただけでもわかりますね。

  で、話を本題に戻します(ずっと余談だった訳じゃないけど)。

 

  あなたにとって「いい税理士」とはどんな税理士でしょう?

  あなたにとって「悪い税理士」とはどんな税理士でしょう?

 

  「あの税理士に頼んだら税金が安くなるよ!」

  「あの先生は、税理士業界の中で偉い先生らしいよ!」

  まぁ、こういう基準で選ぶのもいいですが、
  僕が考える「いい税理士の条件」とは次のようなことです。

 

  《会社のテーマにあったサービスを提供してくれる税理士》

 

  いかがでしょうか?
  僕の中ではこんな感じです。

  ですから、この逆は「悪い税理士」となります。

 

  ということはですよ、「いい税理士」を探す前に、
  あなたが、あなたの会社が、自分の会社の経営テーマを
  はっきりさせなくてはならないということになりませんか?

  これができなければ、いくら「いい先生」を探したって、
  絶対に見つかりっこないってことですね。

  つまり

      「いい税理士、悪い税理士」

  はあなたの中で決まるってことです。

  相手ではないのです。

 

  ちなみに、凄い税理士はたくさんいます。
  資格をとってから、経営について勉強している人がいるんです。
  だからこういう税理士の価値はメチャクチャ高いです。

  でも、仮にこういう税理士に出会えたとしても、
  あなたの中でテーマがはっきりしていなければ、
  この税理士はきっとあなたから離れていくでしょう。

  彼等にも「お客様を選ぶ権利」がありますし、
  それに、彼等を求める経営者は本当にたくさんいますから。

  ということで、かなり辛口の『今週の気づき』を終わります!

  (これ以上書くと、ますます過激になりますので・・・)

    PS:僕は今、とある税理士事務所に真剣に腹が立っています!

 

 =======<無料レポート>のお申込受付中です!=========

  【ネットでも使える!?小さな会社だからこそできるOnly One戦略】

   お申込はこちらから!⇒ http://www.seminars.jp/r/199

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今日は『今週の気づき』を一人で書きながら、
  興奮してしまいました!

  だからメチャクチャ辛口のコメントになってしまいましたが、
  とても大事なことじゃないかって思っています。

  税理士のことだけじゃないですよ!

  従業員を雇う時もそう、仕入・外注先を選ぶ時もそうです。

    *今日はちょっと腹が立っていたから、
     申しないけど税理士をテーマにさせてもらっただけです。

  あなたが携帯電話を選ぶ時もそうでしょう?

  ・自分の欲しいサービスや機能が付いている電話を選ぶでしょう?

  ・金額や通話エリアもそうですよね?

  なのに、なぜか会社のことになると違ってくる人が多いんです。

  不思議です。

  ついでにもう一つだけ。

  携帯電話に求めるサービスや機能が変わったら、
  電話を変更したり、電話会社を乗り換えたりしますよね?

  自分の求めることが変われば、相手も変わるんです。

  だから

   「この税理士さんに、●十年も世話になってるんです」  

  って言う経営者の方。

  それは言い換えれば、会社が変わってないということにも
  なる場合がありますよ。

  税理士の能力が高いって時ももちろんありますが・・・。

  だから、今日はちょっと考えてみてくださいね。

  税理士だけじゃないですよ。全部です!
                             (by君島)

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 ■発行元 『気づき塾』
  URL http://www.andre-bc.com/
  Blog http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/
  Mail info@andre-bc.com

 ■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
  一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

 ■このメルマガの購読・解除はこちらからどうぞ。
  まぐまぐ! http://www.mag2.com/m/0000130207.html
  melma! http://melma.com/backnumber_114402/
  めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=006848

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析