●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<2005.10.19 第96号>━━

  小さな会社が儲かるしくみづくり
   http://www.andre-bc.com
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは!気づき塾の君島です。

 配信が1日遅くなってしまいました!すいません・・・。

 今朝、起きたら「あれ!?喉が痛いな」と感じて、
 それからしばらくしたら、くしゃみと鼻水が・・・。

 もう大変でした。
 今も少し体がだるくて・・・。

 季節の変わり目ですね、気をつけましょう!

                               (君島)
 ──<今日のメニュー>───────────────────────

  ○ やればできる!企業改革物語
  ○ 編集後記

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』
             
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第五章『構造改革』

  第六話 ~ やりながら考える ~

 

  社員との話を終えた小田島社長は社長室に戻った。
  その顔には満足感が溢れていた。

  間髪いれずに後を追うように木戸と澤登が入ってきた。

  「社長、どうもありがとうございました。」

  木戸の声も弾んでいる。

  「木戸部長、私もうれしかったですよ。」

  社長の声も明るい。

  「木戸部長。これから頼みますよ。
   うちの社員は素直で明るい。みんな前向きだ。」

  「そうですね。こんなに上手くいくとは私も思いませんでした。」

  澤登が訊いた。

  「ところで社長、これからの活動について何か注文ありませんか?」

  「そうだな・・・。
   そうだ、何をするにも必ず”やりながら考える”ということを
   徹底してほしい。澤登部長、わかるか?」

  「”やりながら考える”ですか?
   ”考えながらやる”ではないんですね?」

  「そうだ。私はスピードを早くする必要があると思ってるんだ。
   スピードを早くする理由は、結果を早く出すため。

   ただ、結果と言っても最終結果のことではなく、
   小さな取り組みの結果だ。
   やってみた結果で、次を考えるという方法だ。

   これが逆になると、スピードはかなり遅くなるし、
   議論ばかりが先行する様になる。
   これじゃダメなんだ!」

  「わかりました。とにかくやってみる。
   その結果を見て、次を考えて行動に移るようにします。」

  「頼んだぞ!」

  澤登は思った。

  (これなら誰でも簡単に行動することができる)

  澤登と木戸は社長室を後にし、自分のデスクに戻った。
  営業部では、部下たちが澤登を待っていた。

  「部長、社長の話は理解できましたけど、
   私たちはどうすればいいんですか?」

  「どうすればって、社長がお話になったとおりだ。」

  「もう少し具体的に説明していただけませんか?」

  「わかった。まず改善するポイントを考えてくれ。
   その後、およその期間、メンバー、予算をざっくり
   検討してくれ。

   そうそう、改善した後を強烈にイメージすることが
   不可欠だ。できるなら、改善後の空気や雰囲気、
   それに関係する人の顔の表情や話の内容までイメージ
   できれば文句はない。

   そこまでできたら俺のところまで持ってきてくれ。」

  「わかりました。でも、そんな簡単なものでいいんですか?」

  「今、社長ともその話をしてきたところだ。
   とにかくスピードを上げることになった。
   早く結果を出すためだ。

   だから、そんなに難しく考える必要はないってことだ。
   プランの一部だけになるかもしれないが、
   いいと思ったことをどんどん実行していく。

   その結果を見て、そのまま進めるのか、修正するのか、
   取りやめるのかを決める。

   そういうスタイルでやっていくことになった。」

  「わかりました。」

                          (次号に続く)

 ─────────────────────────────────

 今日の『やればできる!企業改革物語』はいかがでしたか?

 風邪薬でボーッとしている状態で書いているので、
 ちゃんとお解かりいただけるか不安です。

 ポイントは

         ”やりながら考える”

 ですね。

 ”考えながらやる”になると、どうしても”考える”ことに
 時間を使ってしまって、結果が出るのが遅くなります。

 それに、やってみないとわからないことを延々議論するという
 ほとんど意味のないことに意識を集中することにもなるのです。

 プランの一部でいいですから、まずそのプランが正しい方向なのかを
 いち早く取り組んで検証しなければいけません。

 もう一つのポイントは、上司の指示を部下に伝えることです。

 出来る限り客観的に伝えてください。

 「~だと思う」「~だろう」ではダメです!

 上司が「一」を言えば、あなたは「五」か「六」ぐらいは
 わかるかもしれません。

 でも、部下が同じことを聞いても「二」ぐらいしかわからない
 という結果はよくあることです。

 抽象的なことを具体的に、長い話を短くポイントだけを、
 指示だけでなく具体例を、と言った具合に伝えてあげてください。

 ちゃんと理解できている人ほど、簡単に易しく説明できるとも
 いいます。

 誰かに説明することは、自分の理解度を測る物差しでも
 あるのです。

 

 ということで、今日はおわりです。

 この続きは来週火曜日。お楽しみに!

 メッセージはこちらから⇒ info@andre-bc.com

 ●━━━━<無料レポート>のお申込受付中です!━━━━━━━━━━━

  【ネットでも使える!?小さな会社だからこそできるOnly One戦略】

  お申込はこちらから!⇒ http://www.seminars.jp/r/199

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  パリーグは31年ぶりに千葉ロッテマリーンズが優勝しましたね。

  31年前ってどんな年?って思ってたら、
  巨人軍の長島茂雄氏が引退した年だそうです。

  本当に遠い昔ですね。

  でも、生まれてたんだなぁ僕は。

  おじさんになったなぁ・・・。

  では!
                             (by君島)

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 ■発行元 『気づき塾』
  URL http://www.andre-bc.com/
  Blog http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/
  Mail info@andre-bc.com

 ■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
  一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

 ■このメルマガの購読・解除はこちらからどうぞ。
  まぐまぐ! http://www.mag2.com/m/0000130207.html
  melma! http://melma.com/backnumber_114402/
  めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=006848

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析