●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<2005.09.06 第84号>━━

  小さな会社が儲かるしくみづくり
   http://www.andre-bc.com
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは!気づき塾の君島です。

 世の中で今度の日曜日の衆議院選挙に向けて盛り上がっていますね。
 最近の選挙の中では、珍しく関心も高く、結果が楽しみです。

 聞くところによると、1票のコストは200万円ほどにもなるとか。

 やっぱり選挙って、大変なコストがかかる行事です。

 だから!という訳ではありませんが、

 あなたが持っている1票、

 私が持っている1票、

 大切にしましょう。

 ──<今日のメニュー>─────────────────────

  ○ やればできる!企業改革物語
  ○ 編集後記

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』
             
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第四章『全体の見直し』

  第二十二話 ~ 謝罪 ~

 

 「その方法っていうのは・・・」

 「何ですか?その方法ってのは?じらさないで教えてくださいよ。」

 珍しく木戸が焦ったように言った。

 「わかりましたよ、木戸さん!

  その方法っていうのはですね、誤ることです。

  社長や管理職が社員に対して事実を明らかにし、
  誤ることです。

  そして、その後”やりなおそう!”って話をするんです。

  これできっと上手くいくと思いますよ。」

 「ちょ、ちょっと待ってください。
  何で社員に謝らないとダメなんですか?」

 「さっきおっしゃったじゃないですか?
  社員に反発なしに、これから改善や改革を上手くやりたいって。」  

 「そりゃ言いましたけど・・・」

 「木戸部長、どうして社員が反発するのか考えましたか?」

 「そりゃ、やりたくないからでしょう。」

 「もちろん、そういう人もいると思いますけど、
  多分大半の人はそういう理由じゃないと思いますよ。

  大半の人は、経営者や管理職が非を認めず、
  まるでそれを消し去るように新しいことを言い出すことに
  反発するんじゃないかと思いますよ。

  これまで皆さんと話し合ったことのほとんどは、
  舵取りを誤ったことが原因ですよね?  

  社員に会社の考え方や方針が浸透していないこと
  一つとってもそうでしょう。

  あなた方は理解しない社員が悪いと思っていたけど、
  確かにそういう一面もあるけれども、結局”理解してもらう”
  という考え方に基づいていなかったから、教えるだけだった。

  情報が上手く流れておらず、使われていないこともそうですね。

  情報を必要としない社員にも問題はあるけれども、
  情報を必要としない仕事のやり方をさせていたのは経営側。

  仮にこれがダメだと思っていたのなら、
  その理由を説明し、理解しさせ、改善すべきだった。

  これが出来なかったのですから、現在の結果を招いた責任は
  どうしても経営側の方が大きいですね。

  社員は基本的に経営側、上司の指示・命令に従わないと
  組織的に活動はできませんからね。

  謝罪するというのは、ちょっと違うかもしれませんが、
  親子喧嘩のようなものじゃないでしょうか?

  親子喧嘩をした後、子供が親に謝れば、子供が親に従えば、
  それは親としても満足でしょうし、威厳も保たれますね。

  でも、どちらにも非があるとすれば、親が子供に謝った方が
  子供の心には深く染み渡るものです。

  そして、子供は親のことを尊敬するようになるでしょう。

  意地を張ってないで、認めるべきところは認める。

  誤るべきところは誤る。

  協力を求めるところは求める。

  そうすれば相互理解もできるし、
  経営側と社員との距離がグッと縮まります。

  そういう状態になってはじめて、改善や改革ができるという
  ものだと思います。

  改善や改革派、人間と人間が考え、行動することです。

  経営とはそういうことの繰り返しでしょう。

  だとすれば、最高の人間関係を築くことに努力せずして、
  一体何ができるというのでしょうか?」

                          (次号に続く)

 ─────────────────────────────────

 さて今日の『やればできる!企業改革物語』はいかがでしたか?

 先週のストーリーを読んでくださった方は、
 解決法をどんなふうに想像していらっしゃったでしょうか?

 しかし今回は、自分で書いていて、思わず

   「う~ん・・・」

 とうなってしまいました。

 自分がこんなことを考えていたのかなぁって・・・(笑)

 いやいや、ちゃんと考えていました。

 考えていたからこそ、こうして皆さんに紹介できるのです!???

 冗談はともかく、この方法はとてもいいと思います。

 というよりも、こうするのが本来の姿だろうと思っています。

 私も過去に何度か、この方法で救われました!

 部下との関係改善に大いに役立ちました。

 もっと詳しく知りたい人は、ぜひこの本を読んでください!

 私が一晩で何度も読み返し、翌日朝にはこの本で学んだことを
 実践したきっかけを作ってくれた本です。

 『あなたを危機から救う一分間謝罪法』
   http://amzn.to/UBD8W6

 

 ということで、今日はおしまいです。

 何だか来週ぐらいに最終回となりそうな展開になってきましたが、

 この先の話をどうするかはこれから考えま~す!

 

 「こんなことを取り上げて!」というようなテーマがあれば、

 ぜひ教えてくださいね!⇒ info@andre-bc.com

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  またまた台風が接近中ですね。

  今度の台風はとにかく大きくて、強くて、遅い!

  一言で言えば”最悪の台風”ということになるんでしょう。

  進路付近にお住まいの方、どうぞお気をつけください。

                             (by君島)

 ●━━━━<無料レポート>のお申込受付中です!━━━━━━━━━━━

  【ネットでも使える!?小さな会社だからこそできるOnly One戦略】

  お申込はこちらから!⇒ http://www.seminars.jp/r/199

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 ■発行元 『気づき塾』
  URL http://www.andre-bc.com/
  Blog http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/
  Mail info@andre-bc.com

 ■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
  一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

 ■このメルマガの購読・解除はこちらからどうぞ。
  まぐまぐ! http://www.mag2.com/m/0000130207.html
  melma! http://melma.com/backnumber_114402/
  めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=006848

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析