2005.06.07<第59号>
■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■■■■                              ┃
■■■■   ~やればできる!中小企業のための気づきと法則~    ┃
■■■■                              ┃
 ┃                                ┃
 ┃         小さな会社が儲かるしくみづくり        ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃            by『気づき塾』            ┃
 ┃                                ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 こんにちは!気づき塾のともちゃんです。

 まずはじめに皆さんにお詫びを・・・。

 ”気づき塾の『気づき』”というe-bookを書きました。
 紹介ページをご覧頂いた方も多いと思いますが、
 あろうことか、ホームページをリニューアルした時から、
 なぜか申込ページへのリンクが切れていたんです!

 もう自分でも信じられなくて・・・。

 もしかしたら「買おう!」って決めてくださった方が
 いらっしゃったかもしれないのに・・・。

 申し訳ありませんでした。

 今はちゃんとリンクされていますので是非お願いします!

     紹介ページはこちら!今すぐクリック!
     ⇒ http://www.andre-bc.com/text/03.html

 
 ところで、日本サッカーがワールドカップ出場の切符を
 手にするまであと一歩!

 8日の北朝鮮戦では何とか勝利で決めてもらいたいものです。

 がんばれニッポン!!!

   先日こんなことをブログに書きましたから、
   時間あったら読んでみてくださいね!
   ⇒ http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/archives/24019324.html

 それでは、今日もはりきって書きますね!
 どうぞ最後までお付き合いください!

 ・・・今日のメニュー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『やればできる!企業改革物語』

    -情報共有の目的(5)

     最終回!といっても情報共有の目的の最終回です(笑)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』

             
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 

 第四章『全体の見直し』

 

  第十話 ~ 情報共有の目的(5) ~

 

 「ちょっと待ってください。教えるんじゃなく理解してもらうって
  どういうことですか?」

 木戸部長が理解できないらしく、いや3人とも理解できないらしく
 君島に質問した。

 「わかりました。なぜ大切なのか理由を説明しますね。

  最も大きな理由は”教える側の創意工夫を引き出すため”です。

  単に”教える”という考え方だけであると、教えられる側、
  つまり社員が理解できない場合、理解出来ない方がおかしいと
  なって、社員が悪者になってしまうだけで終わってしまうことが
  多いんです。

  これでは一体何のための研修なのか、何のための教育なのか、
  その意味が全くないわけです。理解できない人を見つけるための
  教育と言ってもいいかもしれません。

  そういう目的じゃないでしょう?

  それに、これは二つ目の理由ですが、人に物事を教えるというのは
  実は自分が持っている知識や経験を見つめなおす大切な機会で
  あると思うからです。

  ”わかっている”という教える側の考えが、実は思い込みであって、
  実は”わかっているつもりだった”ということが、とても多いのです。

  わかりやすい例で言えば、子供への教育ですね。

  子供ってとても素朴で素直な気持ちで疑問に思ったことを
  聞いてくるでしょう?

  そうすると、そこではじめて親は自分が理解していないことに
  気がつくものなのです。

  木戸さん、そんな経験ありませんでしたか?」

 「子育てはもうずいぶん前なんでね。う~ん、あまり覚えてないが
  確かにあったような気がするな。」

 澤登が続いた。

 「君島さん、ウチなんかまだまだそんなことありますよ。
  意外と答えられないんだよな。

  この間なんて、”お父さん、なんで戦争するの?”って聞かれて
  上手く説明できなかったし、そう言われてみるとよくありますよ。」

 「澤登さん、そうでしょう?本当によくあるんですよ。

  今の澤登さんの話の中に大きなヒントがあるんですよ。
  わかりますか?

  ”上手く説明できない”って言ったでしょう?

  それですよ、それ。

  自分が本当の意味で理解できていないことは、
  実は上手く説明できないんです。これがヒントです。

  本当に理解していると、とても簡単で簡潔にわかりやすく
  説明できるものなんです。

  そうそう、一度NHKの子供向けのニュース解説の番組を
  見てください。そうすると僕の言っていることを
  よく理解していただけると思います。

  子供だからニュースがわからない、世界情勢がわからないなんて
  ウソだと思いますよ。あれって結構勉強になるんですよ。
  とにかくわかりやすいから。」

 「録画してでも見てみます。木戸部長、ビデオテープを渡しますね。」

 澤登は君島から聞いた番組名をノートにメモした。

 「さて、情報共有の目的というテーマで随分お話してきましたが
  どうでしたか?そろそろ次のテーマをやりたいのでこの辺で
  終わりにしたいんですが・・・」

 木戸が言った。

 「情報共有は手段であって目的ではない!でしたね?」

 「そうです。情報共有は何かを達成するための手段です。」

 山田が続く。

 「その目的は業務目的だけでなく、問題を共有して解決する、
  そしてもっと根幹にある会社のあるべき姿、あり方を
  浸透させるためですね?」

 「そうですね。場当たり的な処理を上手くやるためではなく、
  それが起こらなくすること、それに会社のあり方を深く
  社員に浸透させることによって一つの塊を作ることです。」

 最後に澤登。

 「それにはテーマを変えたり、事例を変えたりしながら、
  継続して社員教育をすること。それをやっていく上では、
  教えるという考え方ではなく、理解してもらうという考え方を
  ベースにして、教える側が創意工夫すること。」

 「そうです。あと教える側の理解度を深めることと、
  再発見を促すという効果。これがあります。

  さて、それでは次回のテーマですが
  情報共有の方法についてということでお願いします。」

  
                            (次号に続く)

 ──────────────────────────────────

 さて今日の『やればできる!企業改革物語』はいかがでしたか?

 今日は最後に全員でおさらいをしましたから
 復習はしなくてもいいですね。

 何をするにしても目的をはっきりさせることは、
 とても大切なことです。

 これを見失うと、本来達成したかったはずの成果から
 どんどん離れていきます。

 文中にもありましたが、社内教育や情報共有は

 ”理解できない人を見つける”ということではありません。

 ”知らない人を見つけ出すこと”でもありません。

 しかし残念なことに多くの社内教育は、まるでリストラ対象者を
 見つけ出すかのような教育がなされ、教える側が圧倒的に
 強い立場で行われています。

 同じように情報共有は、一方的に何かの情報をインプットするためと
 考えられていることが多く、僕は間違っていると思っています。

 情報共有というのはデータを共有するということではありません。

 何かを創り出すために行うこと手段です。

 道具(ツール)でもありません。

 もっともっと、創造的な行為であるはずです。

 皆さんの会社ではいかがでしょうか?

 何のために社員教育や情報共有をしているのでしょうか?

 私の自論ですが、人間はロボットではありません。

 血の通っている生き物です!生ものです!(笑)

 真の意味で社員が創造的になり、自立していくことが
 会社を強くするための方法だろうと思っています。

 【付録】

 物語中に書いたNHKの子供ニュースですが、
 毎週土曜日午後6時10分からです!
 ホームページはこちら! http://www.nhk.or.jp/kdns/

 ということで今日はここでおしまい!
 この先は次回まで楽しみに待っていてください。
 また次号でお会いしましょう!

 *ご意見、疑問、質問、応援メッセージ送ってください!*
  ⇒ info@andre-bc.com

──────────────────────────────────
                                
          気づき塾の『気づき』はいかが?        
                                
──────────────────────────────────
              
  気づき塾メンバーが考える「気づき」をわかりやすく書きました。
  「気づき」を知り、「気づき」を得ることができるようになると、
  それが仕事や生活を変えていきます。           

  値段はお小遣い価格の3,000円です。                         
  詳細はこちらへ⇒ http://www.andre-bc.com/text/03.html

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 先日念願かなってビアガーデンに行ってきました!

 ビールがうまかった!

 暑くもなく寒くもなく、ビールを飲んでも汗をかくこともなく
 もう快適そのものでした。(おまけに値段も安くなってたし)

 でも面白いビアガーデンがあるんですね。

 例の健康増進法って言うんでしたっけ?

 あの影響でビアガーデン会場は禁煙です!ってところがありました。

 これにはビックリしましたよ。

 だって屋上でしょう?何で禁煙なの?って思いましたから。

 皆さんが行くビアガーデンも禁煙ですか?

 ちなみに、僕には耐えられないことなので、
 喫煙OK!というビアガーデンに行きました!

 ではまた金曜日にお会いしましょう!

                        (byともちゃん)

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 ■発行元 『気づき塾』
  URL http://www.andre-bc.com/
  Blog http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/
  Mail info@andre-bc.com

 ■このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
  一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

 ■このメルマガの購読・解除はこちらからどうぞ。
  まぐまぐ! http://www.mag2.com/m/0000130207.html
  melma! http://melma.com/backnumber_114402/
  めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=006848

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析