2005.04.05<第47号>
■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■■■■                              ┃
■■■■   ~やればできる!中小企業のための気づきと法則~    ┃
■■■■                              ┃
 ┃                                ┃
 ┃         小さな会社が儲かるしくみづくり        ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃            by『気づき塾』            ┃
 ┃                                ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 こんにちは!気づき塾のともちゃんです。

 最近登録してくださった方、はじめまして!
 どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いします。

 おかげさまでメルマガ第2弾『1日1分誰でも簡単中国語講座』が
 昨日無事デビューしました。読者数も当初の予想以上に伸びており、
 中国、中国語への皆さんの関心の高さを表していると思っています。

 とても簡単に、でも着実に実力がつくように考えてありますから、
 初心者の方も勉強中の方も、どんどん登録してくださいね。
 (登録はコチラ⇒ 休刊中 )

 さて話は変わり、こちら『気づき塾』では近々にE-bookを出す予定です。

 タイトルは

 ─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 気づき塾の『気づき』

    ~「気づき」をビジネスに活かせない人へのヒント~

 ─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 です。

 わずか20ページほどのレポートですが、お役に立てるのではないかと
 思っています。ご紹介できる状態になればお知らせしますので、
 期待して待っていてくださいね。

 ということで今日もスタートです!
 いつものように「今日の気づき」から。

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ともちゃんの「今日の気づき」

      = 情報の精度 =

 

               ~ オフィスにて ~ 2005年04月02日
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 今回ほど「情報の精度」を考えたことはありませんでした。
 一体どこで、誰が情報を変えてしまったのか全くわかりません。
 わかるような気がしたとしても、すべて推測。
 周囲の人を「悪人説」で見ないとわからないのです。

 経営には「情報」が付きまとい、「情報」をどのようにして集めるのか、
 その「情報」をどのようにして扱うのか、そしてどう利用するのか。
 それら全てを「経営」と言っても間違いではないような気さえします。

 これらの全ての前提条件として、「情報の精度」があります。

 間違った情報は混乱をきたし、判断を誤らせ、場合によっては
 会社や人のあり方や存在にまで大きな影響を与えます。
 株や為替の取引をされている方であれば、世界中のニュースにも
 振り回されることがあるでしょう。

 20世紀後半から「情報化社会」などと呼ばれるようになって、あたかも
 「情報の重要性」が最近顕在化したように言われることも多いのですが、
 これは決して最近の話ではありません。

 数千年前から「情報」は人々の暮らしや政治、戦争にとって
 欠かすことのできないものであったはずです。

 ですから、改めて現代においてこれを論じる必要は特になく、
 その本質はほとんど変わっていないと考えるのが自然だと思います。

 唯一変わったこととすれば「情報伝達の方法と技術」でしょうか。

 ┌【今週のポイント】──────────────────────┐
 │                               │
 │ 企業や人のあり方や存在まで変える力のある情報。       │
 │ あなたの会社では情報をどのようにして集め、利用し、意思決定に│
 │ 利用しているだろうか。小さな会社ほど情報を上手く集め、   │
 │ 上手く利用しなければ、たった一つのミスが全てを終わらせる。 │
 └───────────────────────────────┘

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 

 ここは、どこにでもあるような中小企業の食品加工会社『地味食品』。
 中小スーパーやお弁当屋さんを相手に惣菜を製造・卸をしており、
 最近ようやく大手百貨店が取引先になった。

 社長は二代目社長。親父が創業したこの会社を何とか経営しているが、
 最近は競合先が増え、苦戦に苦戦を強いられる毎日が続いている。 

 役員の多くは創業当時からの生え抜きが多く、なかなか若手が育って
 こない。従業員は50名。そのうちパートが35人を占めており、
 少々高齢化が進みつつある悩み多き会社である。

 これは、こんな『地味食品』が劇的に変化していった物語である・・・

 ──────────────────────────────────

 第四章『全体の見直し』

 

  第二話 ~ 人が会社を作る(1) ~

 

 「それじゃ”食を通してお客様の健康に貢献する企業”という理念を
  ひとまず決めましょう。もちろん、最終的には社長が決断されること
  ですが、きっと異論はないでしょう。」

 君島はプロジェクト・メンバー全てで意味のある目的を見つけたことに
 満足していた。

 「さて、それでは皆さん。次に移りましょう。

  よくいろんな会社で今決めたような理念を掲げていながら、それとは
  似ても似つかない”現状”を見ることがあります。例えば記憶に新しい
  ところで某牛乳メーカー。基本的な考え方はここにいるメンバーと
  何ら変わらなかったはずなのに、賞味期限を変えるとか、一定期間を
  経過している商品を出荷するなんていうとんでもないことを
  やってしまった。なぜあんな事件が起こったのでしょう?」

 澤登が答えた。

 「あれは大企業病じゃないのかなぁ?ブランドに胡坐をかいて、
  お客様のことが第二か第三になった結果のような気がするなぁ。
  ウチでは考えられないことだと思うけど・・・」

 「地味食品では考えられないとすれば、どこが違うんでしょうか?」

 「ウチは結構厳しくチェックする体制を持っているし、第一、変なものを
  市場に出荷すればお客様からすぐクレームが来るはずだから・・・」

 「本当ですか?」

 「いや・・・。うん、やっぱりそうだと思いますよ。」

 「では澤登部長の話からすると某牛乳メーカーは十分なチェック体制を
  構築していなかったために、あのような問題が出たということになり
  ますけど、皆さんの中で異論のある方いらっしゃいませんか?」

 珍しく山田部長が発言。

 「そうかなぁ。あの会社だってISOを取得していたはずだし、それに
  え~っと何だっけ?名前を覚えてないけど・・・。そうそう、
  HACCPっていう規格も通ってたと思うんですよ。でも、あんな問題が
  発生した。だからちょっと理由が、本当の理由は違うような気が
  しますね。素人考えですけど・・・」

 「山田部長ありがとうございます。ほかの方で異論のある方は・・・?
  いらっしゃらないようなので、それじゃこの二つに絞りましょう。
  
  私なりの考えはどちらも正しい意見だと思います。でも、より問題の
  本質に近いと感じるのは山田部長の意見です。
  というより、私は山田部長の意見が本質だと思います。」

 「じゃ先生はどんな理由だと言うんですか?」

 ちょっとぶっきらぼうに木戸部長が言った。

 「木戸部長、まぁそう焦らないで。私があの事件を考えるとき、
  真っ先に思いつく理由が、実は”人”なんです。

  一流メーカーの社員がなぜあのようなことをしたのか。
  実はここに問題の本質があるように思っています。
    
  確かに澤登部長が言ったように色々チェック体制に不備があったかも
  しれません。でも、それは所詮人が作ったものであり、人が運用する
  ものなんですね。

  ということは、問題の本質は”人”ではないかと思うのです。

  どんなに立派なしくみを作ったとしても、それを運用する”人”が
  いい加減な運用をすれば、それは無いのと同じこと。もしかすると、
  無い方がいいかもしれません。物凄く中途半端なしくみになり、
  余計に問題を複雑にするかもしれませんからね。無責任な状態をも
  生み出してしまいます。だから、私は”人”だと思うのです。
  どんな会社でも”人”が会社を作っているのです。」
  
                            (次号に続く)

 ──────────────────────────────────

 さて今日の『やればできる!企業改革物語』はいかがでしたか?
 ちょっと長かったかなぁ?

 でもとても大切なことでしょ?あなたの会社ではどうでしょう?

 今日もおさらいは要らない気がしますが、
 ポイントだけさらっとおさらいをしましょう!

 ───────────────────
 第一のポイント:問題には表と裏がある!
 ───────────────────

 「表と裏」というと少し違うような気もしますが、問題には
 表面的に見える部分と、それを生み出してきた裏(=本質)の部分が
 あると思っています。

 例えば自分が不幸にして交通事故を起こしたとして考えて見ましょう。

 ある日、ついつい居眠りをしてガードレールに突っ込み物損事故を
 起こしてしまったあなた。

 この時表面的に見えることは、大破した車とガードレール。
 そして居眠りをしてしまったという事実。これしか見えません。

 でも、「なぜ」あなたは居眠りをしてしまったのか?

 そう言えば、前の夜あまり眠れなかった。いろいろ悩んで・・・。

 さらに「なぜ」眠れなかったのか。

 最近仕事が上手くいかなくて、ついつい考え込んでしまう・・・。

 さらにさらに「なぜ」仕事が上手くいかないのか・・・。

 というように考えていくと、問題の本質に近づいていきます。
 私たちの日々の仕事の中では、忙しさのあまり本質を見たような
 気になって見ていないことが多いはずです。

 ためしに今日の出来事を振り返ってみてはいかが?
 きっと冷静になって考えることができますし、結果が違って
 くると思いますよ。 

 ───────────────────────
 第二のポイント:会社は”人”そのものなのです!
 ───────────────────────

 次回もこのテーマで書きたいと思っていますが、会社は会社が作って
 いるわけでもなく、社長が作っているわけでもなく、紛れも無く
 そこに存在する人全てで作っているのです。

 ですから、どんな立派な機械を買ったとしても、コンピューターを
 買ったとしても、どんなに立派なしくみを作ったとしても、
 そこでそれを利用し、運用し、運営し、チェックし、活かす人が
 その会社の”人”である以上、全てを人が支配していると考える
 べきだと思っています。

 ということは”人材こそ全て”なのです。

 昨日朝のサンデープロジェクトで面白いことをレポートしてました。
 この続きは次回にしますが、プロ野球界でも同じことが当てはまる
 ようです。ご覧になった方は「ピンッ!」と来てますよね?

 

 ということで、今日は以上です。
 それではまた次号でお会いしましょう!

 賛同するご意見、疑問、質問、応援メッセージ送ってください!
 ⇒ info@andre-bc.com

 もちろんBlogの書き込みでもOKで~す。
 ⇒ http://blog.livedoor.jp/kizuki_cafe/

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  絶対読んで!今週のオススメ本

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 『イチロー 262のメッセージ』

         『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会(著)
               ぴあ 1,050円(税込)
               オススメ度 ★★★★☆(5つが満点!)

 

 皆さんご存知、シアトルマリナーズのイチロー選手の時々の言葉を
 集めた価値ある一冊。私は以前から彼の言葉に引かれ、そして何度も
 学ばせてもらった一人として、この本を皆さんにお勧めしたいと思います。

 最近のイチローは、単なる成功者というだけではなく、全ての人を
 魅了する風格を備え、彼の発する言葉には哲学のようなものさえ感じます。

 決して楽して成功しているわけでなく、彼の才能を十二分に発揮するため
 の、血のにじむような努力、すべてを野球にささげている彼の考え方には
 多くの人が、どこかで自分をダブらせるでしょう。

 仕事であれ、趣味であれ、人生であれ、彼の一言一言から学び取ることは
 多く、一人でも多くの方に読んでいただき、いつも傍に置いてほしい
 一冊です。

 詳しくはコチラから

  http://amzn.to/TDIo9x

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 人間誰でも苦しいときがありますよね。
 そういう時にこそ、親身になって話を聞いてくれ、
 そっと「がんばれよ!」って一言言ってくれる人の大切さは
 そのような時にならないとわからないのかもしれません。

 今週日曜日ヨハネパウロ二世が亡くなりました。
 長崎だったでしょうか、今でも日本語でスピーチをされた時の事を
 鮮明に覚えています。

 ニュースを見ていて、彼ほどこれだけ多くの方に慕われ、尊敬された
 方はいないんじゃないかと思いました。どこの国の大統領も首相も
 スーパースターも、きっとかなわないでしょう。

 政治的なことはよくわかりませんが、彼が世の中の人のためにしたこと。

 そのもっとも大きなことはきっと

 「幸せと平和を願う」

 ということだったと思います。

 与えられないと嘆くことの多い現代人が、他人のために尽くすこと、
 いや他人じゃなく、みんな兄弟だと思って尽くすこと。
 これが自分自身を変えるための、この世に生まれてきたことを証明する
 ための唯一の方法なのかもしれません。

 心からご冥福をお祈りしたいと思います。

 それでは今日はここでおしまい!

 お時間おある方、応援メッセージくださいね!
 パワーをください! → info@andre-bc.com
 
                        (byともちゃん)

─【メルマガ相互紹介募集のお知らせ】─────────────────

 弱小メルマガではありますが、『メルマガ相互紹介』を
 募集させて頂きたいと思います。

 「我こそは!」とお考えの方がいらっしゃいましたら、
 ぜひメッセージをお寄せ下さい。コチラまで→ info@andre-bc.com

 注)ご紹介させていただくメルマガは、当方のメンバーで激論を戦わせ、
   読者の方にお勧めしたいメルマガだけとさせていただきますので、
   あらかじめご了承下さい。また当メルマガ読者の方だけに限定させて
   頂きます。掲載をさせていただく場合のみ詳細をお知らせいたします。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■発行元 気づき塾 ~みっちゃん&ともちゃん&その他多数~

■気づき塾プロフィール
現役サラリーマン集団。日常の素朴な疑問や神話をガンガン叩き壊して、
企業再生や活性化中。得意分野はズバリ「情報システムを使った合理化」。
税理士、社労士、ファイナンシャルプランナー、SEなどと共同で、日々
活動中。これまで、経理のコスト80%削減、ウェブサイトを使った海外
顧客の集客、業務の大幅合理化・改善など、結構いろいろな実績がある。
が、何せ現役サラリーマン。顔も名前をオープンにできないのが、目下の
悩み。絶対口外しないことを約束していただければ、格安のアドバイスや
コンサルもできるかも・・・・・。 http://www.andre-bc.com

■ご意見・ご感想 
みなさんの感想もどんどん取り上げていきたいと思います。
たくさんお寄せ下さいね。
info@andre-bc.com

★このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

★お友達にジャンジャン紹介して下さいね。よろしくお願いしま~す!★

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析