2005.03.08<第43号>
■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■■■■                              ┃
■■■■   ~やればできる!中小企業のための気づきと法則~    ┃
■■■■                              ┃
 ┃                                ┃
 ┃         小さな会社が儲かるしくみづくり        ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃            by『気づき塾』            ┃
 ┃                                ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 こんにちは!気づき塾のともちゃんです。

 最近登録してくださった方、はじめまして!
 どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いします。

 「出会い」って不思議なものですね。

 すぐに深いお付き合いになる出会い

 しばらくしてから友達になる出会い

 人生を変える出会い

        ・
        ・
        ・

 人それぞれいろんな出会いがあります。

 春といえば出会いと別れの季節。

 花束を持った晴れ晴れしい表情をしていた高校生を見て、
 とても懐かしい気持ちになりました。

 新年度まであともう少し。
 今年度のラストスパートをかけながらも、
 新しい年度に期待しつつ、
 がんばりましょう!

 ということでスタートです!
 いつものように「今日の気づき」から。

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ともちゃんの「今日の気づき」

      = 視点を変える =

 

               ~ 友人との会話で~ 2005年03月04日
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 またまた友人との話ですいません。
 登場している友人は毎回違いますから勘弁してくださいね。

 よく「視点を変える」ということを言ったり聞いたりしますよね。
 あれってどんなことだろうって話をしてたんですよ。

 上下の高低差。

 これは子供と大人の視線の違いのようなことじゃないかって。

 左右水平方向の差

 これは視界の差だろうと。冗談みたいな話ですけど、草食動物の目って
 横についてるじゃないですか。あれですね。人間とは明らかに見えている
 範囲が違います。自分の身を守るためということらしいのですが、
 人間も同じですね。

 この2つはカンタン!

 でも、もっと上から、違う角度から(例えば斜めから)、
 こうなってくると説明しにくいんですよね。

 それでいい例えを見つけました。これぞ視点を変えること!って奴。

 それは映画とかドラマでよくカメラがターンしたり、下から上に
 ガーッと上がったりしますよね。ああいう角度じゃないかってことです。

 もしくは同時にいろんな角度から撮影している映像をモニターで
 見ている風景。違うかなぁ・・・。

 それぞれのモニターがお客様からの視点だったり、
 モノを作っている人の視点だったり、
 処分する人の視点だったり。 

 おわかりいただけますか?

 抽象的に感じる方は、ぜひ美術館に行ってください。
 そして彫刻を見てきてください。じっくりと。

 そしたら「視点を変える」ということを身をもって体験することが
 できると思いますよ。

 ┌【今週のポイント】──────────────────────┐
 │                               │
 │ 視点を変える必要がある時は見る角度や方向を変えてみる。   │
 │ 同じように距離を変えたり、虫眼鏡を使ってみてもいい。    │
 │ 大切なことは距離、方向、そして時間軸。           │
 └───────────────────────────────┘

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 

 ここは、どこにでもあるような中小企業の食品加工会社『地味食品』。
 中小スーパーやお弁当屋さんを相手に惣菜を製造・卸をしており、
 最近ようやく大手百貨店が取引先になった。

 社長は二代目社長。親父が創業したこの会社を何とか経営しているが、
 最近は競合先が増え、苦戦に苦戦を強いられる毎日が続いている。 

 役員の多くは創業当時からの生え抜きが多く、なかなか若手が育って
 こない。従業員は50名。そのうちパートが35人を占めており、
 少々高齢化が進みつつある悩み多き会社である。

 これは、こんな『地味食品』が劇的に変化していった物語である・・・

 ──────────────────────────────────

 第三章『総務部の改革』

 

  第十五話 ~ 業務フロー ~

 

 「私なら多分こうしますよ。」

 木戸が話した内容は、会社の中に必要な機能を考えるべきだという
 ものだった。その理由のとして、

 1.会社を作ったばかりなのだから、最低限の機能で十分だ
 2.会社と事業の特徴を考えて、人や物を配置する必要がある
 3.組織には会社の方針を反映させるべきだ

 というものをあげた。いろんなことを言っていたが、要約すれば
 確かこの3点だったと思う。

 君島が言った。

 「ということは木戸さん、機能や方針を重視してまず組織を
  考えるというご意見ですね。」

 「そういうことですが、違いますかね?」

 「間違いという訳じゃないですよ。でも、失敗するリスクを
  考えれば、これが初めにするということではなく、多分
  二番目にすることかなぁ。」

 「それじゃ一番初めは何だっていうんですか?」

 「ほかの方、何かご意見はありませんか?(一同沈黙)
  そうですか、それじゃ僕の意見を。あ~、最初に言っておきますけど
  正解っていう意味じゃないですからね。あくまで僕の意見。
  どうするかはみんなで討論しましょう。

  話としては全体最適を考えてみようというものでしたよね。
  全体最適から考えるとすれば、一番初めに何をすべきかというと     
  やっぱり業務フローから考えるべきじゃないかと思うんです。

  まぁ、業務のあるべき姿とでもいいましょうか。
  そういうものから考えるべきじゃないかと。

  それがちゃんと出来ていて、機能的に会社の中が動いていく
  訳ですから、とても大切なことだと思うんですよ。

  そう、人間の体の中にある血管や神経です。

  血管は栄養とか酸素なんかを体中に運んだりする役割。
  神経は体全体のバランスを保ったり、指示や返答したりする役割。

  組織というのはある意味で名前、名称です。
  ある部分からある部分までの仕事をするのが総務という具合です。」

 「なるほど!よくわかりますよ。確かにそのとおりだ。」

 参加メンバーの顔が見る見る明るくなっていくのがわかった。
 理解するということは、その人の表情まで変えてしまうものだ。

                            (次号に続く)

 ──────────────────────────────────

 さて今日の『やればできる!企業改革物語』はいかがでしたか?

 今日は我ながら上手くまとまったなぁと自画自賛したい気分。
 どうですか?そうでもない?う~ん、ごめんなさい。

 それではいつものようにおさらいをしましょう!

 ───────────────────
 第一のポイント:組織ありきで考えない!
 ───────────────────

 木戸部長の話。上手く出来てましたよね。
 組織作りをする時にはそういう考え方をベースにしてもいいと
 思いますけど、やっぱり最初ですからね。これじゃちょっと物足りない。

 なぜだと思います?

 組織ありきで考えると、どうしても「総務」とか「経理」とか「営業」の
 ように、仕事そのものを表す言葉ではなく「総称」のような言葉を
 使ってしまうからなんですね。

 そうすると、発想がそこで止まってしまう。
 みんながわかったような気になって、何となく同意してしまうんです。

 これは避けたいですよね。また同じ道を歩んでしまいますからね。

 ──────────────────
 第二のポイント:業務フローを中心に!
 ──────────────────

 会社がどんなに大きくても、小さくても、そこには必ず業務フローが
 存在します。これはおわかりでしょう。フローのない仕事なんて
 多分ありません。

 それが職人技を駆使するような仕事であっても、必ずフローが
 あるはずです。

 だとすれば、その業務フローをちゃんと作っておかないと
 脱線したり、行き止まりになったり、途中で行き先が変わったり、
 恐ろしい状態になるかもしれません。

 これを実際の電車に当てはめて考えたら、すぐにわかりますよね?

 誰がそんな電車に乗りますか?

 電車に乗ったら最後。自分がどうなるのか、どこに行くのか
 わからないんですよ。よくミステリー列車ってありますけど、
 あれはちゃんと目的地に帰ってくることができるから、
 みんな「どこに行くんだろう?」と楽しめるわけです。

 少々脱線しました(笑!)

 ですから、業務フローをちゃんと作っておかないといけません。
 私の考えでは、まずこれをすべきだと思います。

 ──────────────────
 第三のポイント:神経を張り巡らせる!
 ──────────────────

 フローも出来ました。組織も出来ました。でも、上手くいかない・・・。

 こんなことありませんか?

 例えば「ほうれんそうが出来ていない」

 よくありますよね~。

 この原因は「ほうれんそう」をしない人にも原因がありますけど、
 中小企業の場合、最初から「ほうれんそう」をするというしくみが
 欠けていることが圧倒的に多い!

 もう、社長や上司の気分次第で報告を求めたり、
 機嫌の悪い時にだけ、

 「バカヤロー!なんでお前はちゃんと報告しないんだ!」

 なんてことを言う人もいます。最悪・・・。

 ですから、こんな悲劇を生まないためにも、最初から神経を張り巡らせる
 ことを考えておきましょう。もちろん、そういうしくみを作って下さい。

 

 ということで、今日のポイントは3つ!
 今日の内容は濃い!何度も読んでくださいね。

 賛同するご意見、疑問、質問、応援メッセージ送ってください!
 → info@andre-bc.com

 

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  絶対読んで!今週のオススメ本

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 『なぜ春はこない?』

                神田 昌典(著)
                実業之日本社 1,260円(税込)
                オススメ度 ★★★★☆(5つが満点!)

 

 みなさんよくご存知の神田 昌典氏の書籍。

 私がこの本を買った理由はこの言葉でした。

 『億万長者は、占星術を信じない。しかし・・・・・・
  大富豪は、活用する』

 ここに書かれてあることを信じるのかどうかはあなた次第。

 「そんなことあるはずがない!」って何もしないもよし、

 「そうかもしれない。一度試してみよう」とやってみるもよし、

 本当にあなた次第です。

 成長カーブで自分の過去と現在を直視し、
 そして未来を予測する。

 現在私はチャレンジ中です。

 詳しくはコチラから

  http://amzn.to/UAEaka

 

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 先週、この編集後記でインフルエンザのことを書きました。

 その後ですよ、子供二人ともがインフルエンザにかかってしまいました。
 もう家の中は大騒ぎ。まだ完全に治っていないらしく咳したりしてます。

 どうして熱が出るのは夜が多いんでしょう?
 大人も同じかもしれませんけど、子供は特に夜が多いような気がします。

 お宅のお子さんはどうですか?

 僕の体調も悪い。ヤバイかも・・・。

 それでは今日はここでおしまい

                        (byともちゃん)

─【メルマガ相互紹介募集のお知らせ】─────────────────

 弱小メルマガではありますが、『メルマガ相互紹介』を
 募集させて頂きたいと思います。

 「我こそは!」とお考えの方がいらっしゃいましたら、
 ぜひメッセージをお寄せ下さい。コチラまで→ info@andre-bc.com

 注)ご紹介させていただくメルマガは、当方のメンバーで激論を戦わせ、
   読者の方にお勧めしたいメルマガだけとさせていただきますので、
   あらかじめご了承下さい。また当メルマガ読者の方だけに限定させて
   頂きます。掲載をさせていただく場合のみ詳細をお知らせいたします。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■発行元 気づき塾 ~みっちゃん&ともちゃん&その他多数~

■気づき塾プロフィール
現役サラリーマン集団。日常の素朴な疑問や神話をガンガン叩き壊して、
企業再生や活性化中。得意分野はズバリ「情報システムを使った合理化」。
税理士、社労士、ファイナンシャルプランナー、SEなどと共同で、日々
活動中。これまで、経理のコスト80%削減、ウェブサイトを使った海外
顧客の集客、業務の大幅合理化・改善など、結構いろいろな実績がある。
が、何せ現役サラリーマン。顔も名前をオープンにできないのが、目下の
悩み。絶対口外しないことを約束していただければ、格安のアドバイスや
コンサルもできるかも・・・・・。 http://www.andre-bc.com

■ご意見・ご感想 
みなさんの感想もどんどん取り上げていきたいと思います。
たくさんお寄せ下さいね。
info@andre-bc.com

★このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

★お友達にジャンジャン紹介して下さいね。よろしくお願いしま~す!★

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Copyright(C)2004-2005 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析