2004.12.07<第31号>
■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■■■■                              ┃
■■■■   ~やればできる!中小企業のための気づきと法則~    ┃
■■■■                              ┃
 ┃                                ┃
 ┃         小さな会社が儲かるしくみづくり        ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃                                ┃
 ┃                  by『気づき塾』      ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 こんにちは。お元気ですか?

 朝晩ぐっと冷え込むようになって急に寒くなってきましたね。
 皆さんは風邪をひいていませんか?季節の変わり目の中でも、
 最も風邪を引きやすい季節。今年もインフルエンザの予防接種を
 受けようかなぁ。ここぞという時に倒れてたら最悪ですからね。

 体も経営も予防が大切!

 それでは今日も「小さな会社が儲かるしくみづくり」のスタートです!

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ともちゃんの「今日の気づき」

     =一人でコーヒーを飲むきれいな女の子=

             ~お気に入りのカフェにて~ 2004年12月2日
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 
 「女の子」と書いてしまうところが「おっさん臭い」と思う今日この頃。
 間もなく私は37歳になってしまうので、それも仕方ないとあきらめて
 います(すいません。余談ですね)

 さて、12月2日。とあるお気に入りのカフェで一人でコーヒーを飲む
 女の子が目に留まりました。とても美しい人でした。

 きっと20代前半でしょう。夕方のカフェで一人コーヒーを飲みながら、
 なにやら読んでいます。

 で、気がついたんです。

 よく観察してるなぁって。

 名前も知らないし、学生なのか社会人なのかもわからないのに、
 何となく気になって観察している自分。

 そうすると「彼を待ってるのかなぁ?」とか「レポートを書くために
 参考本を読んでるのかなぁ?」とかいろんなことが頭を駆け巡るのです。 

 興味をもって観察を始めることが私たちの仕事の中にあれば、
 どんなに素晴らしいだろう。

 そんなことを考えていました。

 ファーストフード店で、スーパーで、電車の中で、飛行機の中で、
 お客様のところで、テレビの中で・・・。

 もう数え始めたら切がありません。

 私たちの周りに、イヤというほど教材もヒントもあるのです。

 興味をもつかどうか、目に留まるかどうか。

 どうやらこれが気づきの始まりのようです。

 エッチなおじさんにはならない予定ですが、
 若い人のファッションや仕草、行動に興味を持ちつづけられる
 自分でいたいなぁと思います。

 ┌【今週のポイント】──────────────────────┐
 │                               │
 │ 気づきの始まりは「興味を持つこと」。ここから全てが始まる! │
 │                               │
 └───────────────────────────────┘

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  『やればできる!企業改革物語』

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 

 ここは、どこにでもあるような中小企業の食品加工会社『地味食品』。
 中小スーパーやお弁当屋さんを相手に惣菜を製造・卸をしており、
 最近ようやく大手百貨店が取引先になった。

 社長は二代目社長。親父が創業したこの会社を何とか経営しているが、
 最近は競合先が増え、苦戦に苦戦を強いられる毎日が続いている。 

 役員の多くは創業当時からの生え抜きが多く、なかなか若手が育って
 こない。従業員は50名。そのうちパートが35人を占めており、
 少々高齢化が進みつつある悩み多き会社である。

 これは、こんな『地味食品』が劇的に変化していった物語である・・・

 ──────────────────────────────────

 第三章『総務部の改革』

  第三話 ~ 振替伝票処理 ~

 

 山田が目にした木村のシートは何もかもが違っていた。
 山田にしてみれば、それは全く想像もできないものに違いなかった。

 「まず、ここを見てください。」

 君島の言うままに視線を向けた山田の目に入ったのは業務のタイトル。
 抽象的な書き方は全くされておらず、すべて具体的に書いてあった。

 「全然違うでしょう?木村さんは誰に対しても、自分の仕事を具体的に
  説明できるはずです。こうして業務名をきちんと捉えられるのは、
  何もパートの社員さんだからというわけではありませんよ。
  自分が何を任されているのかをちゃんと知っているということです。」

 そこには具体的な経理処理名が記載してあり一目瞭然だった。

 「はい、次!今度はここを見てください。」

 またまた君島の言うままに視線を向けた山田。
 そこにはおよその業務量が記載されている。
 一ヶ月にどれだけと書いてあるものもあれば、一日にどれだけと
 書いてあるものもある。一年にいくらというものも。

 「ねぇ山田部長。彼女が一ヶ月に処理している振替伝票はおよそ200枚。
  これを見て何か感じませんか?」

 「いや、大変な量です。これだけじゃないですから。感想ですか?
  よくやってくれてるなぁって・・・」

 「そういうことじゃなくて。いや、それも大切です。
  いいタイミングで、彼女に対して労をねぎらう言葉をかけてください。

  それで私の言いたい事はそういうことじゃないんです。
  他に何も感じませんか?」

 黙ったままの山田。一生懸命何かを見つけようとしているのだが、
 それが根本的に違う。君島が言いたいことをわかっていないらしい。

 しばらくして山田が言った。 

 「すいません、君島さん。私は何も感じない。何があるんですか?」

 「ここにヒントがあるんですよ。業務改善のヒントです。」

 「えっ?こんなところにですか?」

 「そうですよ。今見てもらった振替伝票処理。彼女は一ヶ月に200枚を
  処理しているでしょう。それを1ヶ月に平均3日間かかって。
  もしこの仕事がなくなったら彼女には3日間時間ができるんですよ。」

 「そりゃそうですが振替伝票は必要でしょう?
  必要だからそんなことは無理ですよ。必要なんだから。」

 「振替伝票って本当に必要ですか?」

 「必要です。経理処理を絶対しないと駄目ですから。」

 「ほら、山田部長!今あなた言いましたよ。」

 「へっ?何を?」

 「ほら言ったじゃないですか?」

 「だから何を?」

 「振替伝票は必要ないって!」

 「そんなことは言ってませんよ!経理処理に必要だっ・・・」

 この瞬間ようやく山田部長は気づいた。

 「ねぇ山田部長?振替伝票は必要ないんですよ。」 

                            (次号に続く)

 ──────────────────────────────────

 さて今日の『やればできる!企業改革物語』はいかがでしたか?
 難しいですか?簡単でしょう?

 それでは、いつものようにおさらいをしましょう!
 今日は滅茶苦茶大切!業務改善のヒントの見つけ方!
 (だけじゃないですが)

 ───────────────────
 第一のポイント:具体的に把握すること!
 ───────────────────

 中小企業が最も苦手とすること。それは具体的に捉えることです。
 何も大企業が得意で中小企業が苦手と言いたくはありませんが、
 とにかく多くの中小企業は「どんぶり」が大好き!

 牛丼でもうな丼でも親子丼でもありません。
 「どんぶり」が好きなんです!

 あまりにも好きなもんだから、もう何でもどんぶり。
 昼も夜も朝も、クリスマスも正月も。

 冗談はさておき、この「どんぶり」から脱出できる中小企業は
 必ず成長します。

 そのためにはどうすべきか?

 答えは簡単!

 幕の内弁当や仕出し弁当のように、一つずつちゃんと把握すること。
 具体的に、具体的にです。

 山田部長と大林課長(すいません。前号で部長となっていました)は、
 これがほとんどできていなかったんです。

 この差は本当に大きい!

 脱!どんぶり!

 ──────────────────────────────
 第二のポイント:労をねぎらうこと!(ちょっとした一言でOK)
 ──────────────────────────────

 今日のテーマから少し離れていますが、部下の労をねぎらうことは
 本当に大切!部下はあなたからの言葉を待っています。

 適切なタイミングで適切な言葉を!

 ちょっとした一言でOKですよ。 
 悩まないで!

 ──────────────────────
 第三のポイント:業務の目的を見つけ出すこと!
 ──────────────────────

 最後に出てきた業務改善ポイント。
 振替伝票処理はなぜ必要ないのか?
 おわかりですか?おわかりですよね?

 こういう問いかけを全ての業務に対してすべきです。
 これができれば国の大改革も大きく前進するはずなんです。

 会社の中ではごちゃごちゃした理由はいらない!
 既得権益を守る必要もなし!

 でも、こういうことをやり始めると一番抵抗するのは・・・。

 そうです。山田部長や大林課長のような人たちです。

 それはなぜか?

 自分の存在意義を全面的に否定されているような気持ちになるから
 なんですね。意地悪な言い方をすれば、そこにしがみついていないと
 他に出来ることがないと思い込んでしまうのです。

 でも決してそんなことはありません。

 何歳の人でも、男女の性別や経験年数を問わず、
 新しいこと、未経験のことを習得したりチャレンジすることは、
 必ずできるのです。みんな人間です。

 もし出来ない人がいるとしたら、ちょっと観察してみてください。

 その人は必ず「自分はできない(だろう)」と思っています。
 自己否定をしているはずです。

 これは全ての進歩と進化を止めてしまう最大の理由なのです。

 で、もとに戻ります。

 具体的に捉えてください。

 仕事の名前、量、タイミング、サイクルなど。

 その先に業務改善ポイントが必ず見えますから。

 

 ということで、今日はおしまい!

 ご意見、ご質問はこちらにどうぞ → info@andre-bc.com

 

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  絶対読んで!今週のオススメ本

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 

 『会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本』

                斎藤 茂太 (著)
                あさ出版 価格:1,470円(税込)
                お勧め度:★★★★★(最高★5つです)

 

 ありますよね~、こんなふうに「もうイヤだ!」って思う時。
 「くそ~、辞めてやる!」と何度も思い、若気の至りで本当に
 辞めたこともありました(ちょっと今日は力が入り過ぎ?)。

 私もこんな風に考えることが最近ちょっと多いような気がしてたんです。
 そんなことを思っていた先日、いつものようにふらりと立ち寄った
 本屋で見つけました。

 そこで感想。

 とにかく読んだら元気になるし、気持ちも前向きになる。
 精神的におかしくなる前兆かなぁなんて感じていることもあったので、
 救われました。いやホント。

 先日も散髪屋で「知ってる?うつ病予備軍みたいな人たくさんいるの」と
 言われ、どうも他人事でもなさそうでしたから、ちょっぴり不安でした。

 サラリーマン(自分ではビジネスマンだと思っています)は
 いつの時代も辛い。もちろん、社長も自営業者もつらい!

 私たちは必要以上に自分を痛めつけ、その反動が「もうイヤだ!」と
 なって襲ってくるのかもしれません。

 もっと自分を大切にしないと。

 この本を読んでみてとても心が楽になりました。
 とても優しい気持ちにもなりました。

  ~目次~

   はじめに 「もうイヤだ!」は幸せへの大きなステップである
   第1章 「もうイヤだ!」と思ったあなたへ
   第2章 会社の「もうイヤだ!」をラクにする
   第3章 人生の「もうイヤだ!」をラクにする
   第4章 「もうイヤだ!」に効くちょっとした習慣術
   第5章 心が前向きに変わるヒント

 詳しくはコチラからご覧ください

  http://amzn.to/VixhlK

●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  編集後記

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 とうとう街角にクリスマスソングが流れる季節になってしまった。
 あっという間の11ヶ月。あなたは今年の目標を達成できましたか?
 私はというと、例年通り目標の半分ぐらいを達成したぐらい。

 この時期になると毎年毎年反省ばかり。
 でもあと1ヶ月で何とか来年に繋がる結果を出したいと思っています。

 しかし今年の12月はいつになく多忙の12月。
 果たしてどこまでできるのでしょう。

 駄目ですね、やる前からこんな言い訳ばかりでは。
 反省、反省・・・。

 来年の今頃はどこで何をしてるやら。

                        (byともちゃん)

─【メルマガ相互紹介募集のお知らせ】─────────────────

 弱小メルマガではありますが、『メルマガ相互紹介』を
 募集させて頂きたいと思います。

 「我こそは!」とお考えの方がいらっしゃいましたら、
 ぜひメッセージをお寄せ下さい。コチラまで→ info@andre-bc.com

 注)ご紹介させていただくメルマガは、当方のメンバーで激論を戦わせ、
   読者の方にお勧めしたいメルマガだけとさせていただきますので、
   あらかじめご了承下さい。また当メルマガ読者の方だけに限定させて
   頂きます。掲載をさせていただく場合のみ詳細をお知らせいたします。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■発行元 気づき塾 ~みっちゃん&ともちゃん&その他多数~

■気づき塾プロフィール
現役サラリーマン集団。日常の素朴な疑問や神話をガンガン叩き壊して、
企業再生や活性化中。得意分野はズバリ「情報システムを使った合理化」。
税理士、社労士、ファイナンシャルプランナー、SEなどと共同で、日々
活動中。これまで、経理のコスト80%削減、ウェブサイトを使った海外
顧客の集客、業務の大幅合理化・改善など、結構いろいろな実績がある。
が、何せ現役サラリーマン。顔も名前をオープンにできないのが、目下の
悩み。絶対口外しないことを約束していただければ、格安のアドバイスや
コンサルもできるかも・・・・・。 http://www.andre-bc.com

■ご意見・ご感想 
みなさんの感想もどんどん取り上げていきたいと思います。
たくさんお寄せ下さいね。
info@andre-bc.com

★このメールマガジンの転送はOKですが、記事を許可なく転載したり
一部分のみ転送・利用することなどはお断りします。

★お友達にジャンジャン紹介して下さいね。よろしくお願いしま~す!★

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

     Copyright(C)2004 『気づき塾』All rights reserved.


中小零細企業の経営ヒント満載
無料メルマガ 売れるしくみ、儲かるしくみづくり講座
メールアドレス
名前(名字のみ) (必ず漢字でご記入下さい)

 

メルマガ読者登録

無料読者登録
メールアドレス
名前(名字のみ)

バックナンバー

ホームページ

QLOOKアクセス解析